瑠璃色宇宙

六部純/絵に関するエトセトラ☆

せめぎ合い

火曜日から具合が悪くて寝込んでます。
昨日病院に行ったら、熱があるということでまずはインフルの検査。
陰性だったため、内科へ。
冴えなそうな先生に若干の不安を覚えつつ、症状を話すと、食当たりでしょう、と。
でも生ものも食べてないんですけどー?
不承不承、抗生物質と解熱剤をもらい、昨日の夜から、父の作ったお粥を食べてます。

背中が痛くて椅子に座っていることができず、ずっと寝てたんですが
考えるのはやっぱり自分の絵のことでした。
次の展示会の構想や、これから自分はどんな絵を描いていきたいのか、とか。

第三者がほめてくれるものと自分が描いていて気持ちの良いものは違う。
エライ先生がいいと言ってくれるものと、わたしが認めてほしいものとが違う。

仕事なんだから、いや仕事だからこそ・・・
みたいな。
これはプロとして認めてもらいたい、認めたい自分の
心と心の、プライドとプライドの、せめぎ合い。

改めて、まだまだ何も確立していない自分を感じました。



まずはともかく、寝ている間に描きたいと思った絵を描きます。


想うこと |
| HOME |