瑠璃色宇宙

六部純/絵に関するエトセトラ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

イギリススケッチ旅行記 第二部

「イギリススケッチ旅行記 第二部」
三部のうちの第二部。
ボートン・オンザウォーター、そしてチッピングカムデンへの巻きです。

ブラッドフォード・オン・エイヴォン出発。
途中、ボートン・オン・ザ・ウォーターに寄りながら、チッピングカムデンに向かいます。

手前にいるのが、いつもの添乗員の戸田さん。
140928_090936.jpg

バスの運転手さんがテディーベアが好きなのか、バスの中に、テディベアがたくさん置いてあり、
みんなひそかに思いました(´・ω・`)´・ω・`)´・ω・`)oO(クマさんのぬいぐるみ買おう
(というわけで、帰りのヒースロー空港で買ったぬいぐるみ、先に載せちゃいます)
141011_103245_1.jpg 141011_103138_1.jpg

ボートン・オン・ザ・ウォーター着
素敵な木がありました。スモークツリーというらしいです。
IMG_0350_1.jpg

ボートン・オン・ザ・ウォーターは、ウインドラッシュ川のほとりの小さな村。
村の真ん中を川が流れ、かわいらしい橋がかかっています。
かわいらしくのどかなこの村は、コッツウォルズの中でも人気が高く、
はちみつ色の石で造られた家々が水面に映る様が美しく「コッツウォルズのヴェニス」と呼ばれています。
IMG_0371_1.jpg

IMG_0368_1.jpg

なんとなく軽井沢っぽい、というのが、わたしの第一印象。
浅い川に、手すりのない橋がいくつかかかっていて、休日だったせいか、家族連れが多く、子供たちがたくさん水遊びをしていました。
けっこう流れに勢いがあるので、カモも流れに逆らって移動しようとすると大変そうでしたが、
流れに沿って移動するのは、びっくりするくらい早い。
なぜか網を持っている大人がいて、なんだろうと思ったら、子供が流したオモチャを拾うための網でした。
お人形さんみたいな女の子がいましたよ。
IMG_0378_1.jpg

IMG_0377_1.jpg IMG_0380_1.jpg

歩いていると、絵のような素敵な色をしたブドウが!
ワインのお店なのかな?
IMG_0360_1.jpg IMG_0353_1.jpg

昼食にワッフルを頼んでコーヒーを飲みました。
いつものように、写真に撮るのを忘れてパクパク。
日本のワッフルの2倍くらいの大きさだったけれど、甘すぎず、とっても美味しかったです。

ここでは買い物。

ポスト型の貯金箱。
141011_102814_1.jpg
お財布。
羊の皮なので、とってもやわらかい。
141011_103725_1.jpg

その後、またバスに乗り込み、チッピングカムデンの前に、画材屋さんに寄ります。
本来なら日曜日は休みなんですが、特別に開けてくれたそうです。
わたしはウインザーニュートンの木炭を買いましたが、描き味、そんなに違うのかな?
141011_110938_1.jpg

なんだか高そうな車がいっぱいありました。
名前は知りませんが、ここも古い街です。
IMG_0406_1.jpg

IMG_0387_1.jpg

IMG_0395_1.jpg IMG_0394_1.jpg

IMG_0385_1.jpg

そして、いよいよ目的のチッピングカムデンへ。
IMG_0342_1.jpg

IMG_0348_1.jpg


第三部へつづく☆


|
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。