瑠璃色宇宙

六部純/絵に関するエトセトラ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

イタリア旅行記第一部/出発~マテーラ前編

IMG_2726_1.jpg

イタリア旅行記、何回かに分けて書こうと思います。
第一部は、出発からマテーラ滞在の前編まで。
-----------------------------------------------------
【日程】
11月6日 成田空港13:25発
     ⇒ローマ⇒バーリ着⇒マテーラ
  7日 マテーラ滞在
  8日 〃
  9日 マテーラ⇒ポンペイ⇒ナポリ⇒プロチダ島
  10日 プロチダ島に滞在
  11日 〃
  12日 〃
  13日 プロチダ島⇒ナポリ
  14日 ナポリ12:30発⇒ローマ経由⇒
  15日 成田11:30着
-----------------------------------------------------
131106_102148.jpg 131106_122047.jpg

毎年参加しているスケッチツアー。
集合場所は、成田空港 第一ターミナル北ウイング4階
飛行機は、イタリアのアリタリア航空AZ783便13:25発
やった!イタリアの飛行機なら勉強したイタリア語を使える!
と思いましたが、機内ではなぜか英語を話してくれる親切な乗務員。親切さがなんだかさみしい。
機長が「イッショニイタリアヘユッキマショウ♪」なんて挨拶してくれます。
この挨拶で機内に和やかな空気が流れましたよ。

IMG_2656_1.jpg

隣のお仲間が「晴れててよかったわ!」とにっこりしたので笑っちゃいましたが、
これ、初めて飛行機に乗ったとき、実はわたしも言った言葉です(恥

飛行機で12時間。
ローマで乗り換え、バーリに到着。そこから1時間半バスに揺られ眠りながら、0時半頃、マテーラ到着。
暗い石段を降り、ホテルまで歩きます。

■マテーラについて■

マテーラ (イタリア語: Matera ) は、イタリア共和国バジリカータ州にある都市で、その周辺地域を含む人口約6万人の基礎自治体(コムーネ)。
マテーラ県の県都です。
旧市街地区は、石灰質の岩肌に作られた「サッシ」と呼ばれる洞窟住居があることで有名で、「マテーラの洞窟住居」は1993年にユネスコの世界遺産に登録されました。
サッソ(Sasso)はイタリア語で「岩」を意味していて、複数形のサッシは、8世紀から13世紀にかけて東方からの修道僧が住み着いたといわれ、
石灰岩で幾層にも重なっています。

白く廃墟のような市街地は世界で唯一といえる独特な景色を作りだしています。
また教会も多く、美しい様式でスタイルの入り交じった建造物も見どころ。
サッシの中心には13世紀に建築された石造のドゥオモ(大聖堂)もあります。
-----

131107_005502_1_20131128003324978.jpg
 わたしの部屋19号室

このホテルの鍵はカードではなかったので、自動ロックではないと判断したわたし
部屋に鍵を置き、写真を撮りに、住居群が見える外側通路に出ます。
131107_005743_1_20131128012139ea1.jpg
そして戻ってくると、ドアが開かない!
え?自動ロック!?Σ;*゚▽゚*)やっちゃった~よ
でもスペアキーを貸してもらいうために行ったフロントで親切なお兄さんとイタリア語で会話(半分以上身振り手振り)ができ、ちょっと楽しい瞬間でした。

部屋の中。ホテルも洞窟を改装したもの。
131107_005232_20131128003658548.jpg
131108_070825_1.jpg 131108_071415_1.jpg
なんだか不思議な部屋ですが、子供の冒険みたいで楽しい気分になれます。

7日(木)
午前中、新市街から旧市街に向けて、添乗員に案内してもらいました。
添乗員は、毎度お馴染み、トラベルプランの戸田さん。

新市街
IMG_2674_1.jpg
IMG_2675_1.jpg IMG_2678_1.jpg IMG_2722_1.jpg IMG_2687_1.jpg
IMG_2680_1.jpg 
よくこんなトラックが停まってます

IMG_2688_1.jpg ポスト♪

妙にかわいい骸骨がモチーフの「プルガトリオ教会」
中は豪華なバロック様式です。
IMG_2705_1.jpg IMG_2713_1.jpg
IMG_2704_1.jpg IMG_2708_1.jpg

「サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会」
IMG_2700_1.jpg
その近くのベンチにあった落書き
IMG_2703_1.jpg

新市街を抜けて・・・
IMG_2730_1.jpg
IMG_2727_1.jpg
IMG_2695_1.jpg IMG_2694_1.jpg

IMG_2756_1.jpg
ここは昔、墓地だったらしいけど、引っ越したとか?
IMG_2758_1.jpg
お墓の跡に入ってみる
戸田さんに「みんな写真撮るよ」と言われ半信半疑で入りましたが、ほんとかなぁ?;

昼前、旧市街が一望できる場所から、マテーラで一枚目のスケッチ。
IMG_2771_1.jpg
IMG_2776_1.jpg
ERIpicture267_1.jpg
でもなんとなく調子が上がらないわたし。
白を生かしたかったので、わからないまま描きこむのはやめておくことにしました。
この絵は、帰国するまで未完成のまま。
IMG_2778_1.jpg

昼食はサンドイッチと、ラッテマッキアート。
131107_133408_201311280112491fc.jpg
これはイタリア語を教えてくれていた友人から、日本にはないから、ぜひ飲んできて欲しいと勧められたものです。
でも、飲んでみると、普通のカフェラテのホットとしか思えない。
帰国してから友人に抗議したところ、泡があったでしょ?という。うーん、たしかに・・・;

夕食はホテルの近くのレストラン。
131107_200542_1.jpg
131107_210425_1.jpg
ここも洞窟で、大きな絵が飾ってありました。有名なお店らしいけど名前は忘れました(というか、覚えようとしていない)
料理は、どれもものすごく美味しかったです。自家製ジェラート、最高!!

レストランの帰り道、雰囲気の良い路地をみつけ、先生と仲間数人で夜景を描きにくり出しました。
IMG_0447_1.jpg IMG_0449_1.jpg

夜の風景は得意なつもりだったのに、ここではなぜか思うように描けず、今回の旅行、まともな絵が描けるだろうかと、漠然と不安になるわたし。

しかし、そんなわたしの不安など、知らん顔で、マテーラの夜は更けていくのでありましたとさ。
IMG_0435_1.jpg



第二部へ続く。


ここまで読んでくださった方、ありがとうございます☆





| コメント:0 |
<<イタリア旅行記・第二部/マテーラ後編 | HOME | プロチダ島にて☆>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。