瑠璃色宇宙

六部純/絵に関するエトセトラ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

わたしにできること

絵には夢があってほしい。
ずっと思い続けてきたこと。

いま、泣いている人も、怒っている人も、
一見幸せそうな人でも、いつも笑顔の人でも、
悩みも苦労も無かったなんて人はいるわけがない。

個展で絵を観ていただくのは、もちろん嬉しいけれど、
わたしは、褒められることが嬉しいわけではないのです。

お客さまが、それまでの、誰も知らないその人の人生を背負い、何かを思いながらも、会場でわたしの絵を前にした時、
ふっと肩の力を抜いて、現実から離れ、自由に絵の中を旅して、何かを感じ取ってくれたら、
ちょっと一休みして、明日への力を蓄えてくれたら、
笑顔になってくれたら、
それが何より嬉しいのです。

わたしにできることは、本当に少なくて小さいけれども。

          Yui

想うこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<バランスの答え | HOME | 絵画展「六部純 モロッコを描く」終わりました☆>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。