瑠璃色宇宙

六部純/絵に関するエトセトラ☆

予期せぬ救い

          egao



       -幸せになるのは わたしでなくてもいい

        どこかにひとつ 微笑み生まれたのなら

        命を賭ける値打ちがある ・・・




今日、BSで見た宝塚歌劇「バッカスと呼ばれた男」の台詞の一部。
これを聞いた時、欲しかった言葉はこれだ、と思った。

3.11以来、ずっとわたしの心は重くて
軽くする方法も見つからないままだったけれど、
この言葉に、何かが動いた。



想うこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<サイン | HOME | 人物クロッキー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |