瑠璃色宇宙

六部純/絵に関するエトセトラ☆

わたしの中の螺旋

伝えたいことはこれだ、っていうのはあるけれど、
それと同時にまるで逆のことも考えている自分がいる。
表面上は見えないそれらを伝えることができるのは、はっきりと輪郭を持たない空気や色。

生きた立体。

平面に、立体的な空気や思い、感覚を感じさせる、
見た人がその人の中で世界を広げていける、
そんな絵が描きたいな。



でも、ぐるぐる螺旋階段のように、いろいろ考えて登りつめていって
辿り着くのはこんな思い・・・

難しいことは考えないで、子供の頃のように、素直な気持ちで絵を描こう。
「好きだから」それでいい。



想うこと |
| HOME |