瑠璃色宇宙

六部純/絵に関するエトセトラ☆

オリジナル

2011年イタリア帰国展

帰国展では、絵の価値について考えさせられました。

絵は、テクニックでも結果でもなく、評判も、売れ行きも、関係ない。

それまでの自分を壊し、新しい挑戦をしているかどうかで、価値が決まるのかな…と。

オリジナルであること。
自分であること。
自分を生きること。

わたしは、自分が死んだ後までも残る絵を描きたい。


活動 |
| HOME |