瑠璃色宇宙

六部純/絵に関するエトセトラ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オリジナル

           サンタ

Passion vol.16 X'mas Special
~サンタクロースの忘れ物~

12月26日、目黒 THE LIVE STATIONに、一日遅れのクリスマスライブに行ってきました。

14人もの粒揃いのアーティストがひとつになってステージで唄い続けるという豪華な時間を堪能です。
しかもかぶりつきで(笑)
(みなさん遠慮深いのか一番前の席って、最後まで空いてるんですよね。)

ライブには時々行きますが、今回はいつもと違うことを感じたので書いておきます。

こんなこと言ったら怒られそうですが、あ、わたしって、歌詞なんか聴いちゃいないんだなぁと思ったのです。
わたしは歌を、声を、見ている、感じている、そんな感じ。
ある人の歌の中には、風景を見、ある人の歌では、光や風を、別の人からは深さや強さを感じ、温度を感じ・・・
これ、もしかして耳が聞こえなくても伝わってくるんじゃないかと思いました。

そして、みなさん、自分の持ち歌のときに、とても丁寧に唄っていました。
いま、このとき、このたったひとつの歌を大切に唄おう、そんな姿勢が伝わってくるような。

さあ、そこへくると、絵のことを考え始めるわたし。
昨年、弾き語りをやっている、わたしのMySpaceのフレンドさんが、絵のうちの、一枚をとても気に入ってくれて、「この一枚は、どんな巨匠の絵よりも僕にとっては名画です」というようなことを言ってくれました。
これは画家冥利に尽きます。
この広い世界の中で、長い時代の中で、自分の描いた一枚が、「一番」として選ばれるなんてことなんて、そうそうあることでしょうか。

決してわたしが上手だというわけではない、けれど、偶然できた作品ではない、苦労(=楽しみ)しながら創り上げた作品。
だから嬉しい。

わたしの内側にある視線は、対象物の中に自分と共通の何かを探し、取り出し、わたしの中で消化し、手を、指を伝って、紙の上に表される。
今回のライブは、一枚の絵を見ているみたいでした。

ただ、みんなで一緒に創り上げることができるというのは、とても羨ましかったなぁ。
絵描きは孤独です。

華やかなステージを、憧れの目で眺めながら、それでもわたしは、
孤独でもいい、一枚一枚を丁寧に描き続けよう、そんなことを考えていました。

人の心に残る絵、わたしが死んでも行き続ける絵を
描きたい。




想うこと |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。