瑠璃色宇宙

六部純/絵に関するエトセトラ☆

九州&関西旅行☆

行ってきました、九州のお仕事。

普通、飛行機で行くのでしょうが、わたしが選んだのは新幹線。
なので朝早く出て行きました。

fukuoka
 
足元広いし荷物に額入りの絵があったりしたので新幹線でよかったです。

お昼に博多着。
博多から、JR鹿児島線で久留米を通り越してみやま市にある瀬高駅まで約1時間。
博多駅の電車、どれもかっこいいですね~!
fukuoka fukuoka

瀬高駅。卑弥呼の里とは知りませんでした。

fukuoka

目指すは「ほほえみクリニック」。駅のすぐ近くです。
こちらは小児科の開業医さんで、素敵な笑顔の女性院長さんです。
メールを交換しているときから患者さん思いなんだなぁと感じていましたが本当にその通りで、
診療時間を過ぎても、お子さんの急な発熱などで困ったお母さんが訪ねてくると、
快く迎え入れていらっしゃいました。

そんな院長さんが希望されたのは、親子の繋がりを感じさせる絵。
ご存知の方もいるかもしれません。
「会話」です。
会話

妹とその子供を描いた、わたしの思い入れの強い作品。
これを、新たに描く予定です。
妹を想って描いた時とはまた別の気持ちで描けるような気がして楽しみです。

機会があったら見に行ってみてくださいね♪
・・・と言うには、病院(しかも小児科)だし、九州なので、行ける方も限られてはきますが。


その夜は、博多に来たらラーメンよ、とばかりにとんこつラーメン。
「麺の固さはどうしますか?」と尋ねられ「え??あ、普通で(そんなんあるのか)」
少し固めだったけど美味しかった。満足。

ラーメン

博多には二泊。
次の日、昼間はスケッチ。なぜなら友達が寝ているらしく電話に出ないので;
おかげでこんなに描けちゃったよ、ありがとう(嫌味ではありません)

福岡 福岡 福岡

ようやく連絡のついた友達に、夕方からは“フレアー”のイベントに連れて行ってもらいました。
映画「カクテル」でも有名な、ボトルを空中に放り投げたりしながらカクテルを作っていく、あれです。

フレアー

その後は、その友達に「博多名物は、もつ鍋よ」と言われ、もつ鍋を食べに行きました。
おいしかったぁぁぁl~~~~~~~!!!
東京のと全然違いますね!
でもあの白いの何ですか?;*゚▽゚*ヾ脂身みたいなやつ。←何もわかってない
もつ鍋

あと、明太子の天ぷらも名物だそうで食べました。これは家でもお手軽にできそう。
すごく美味しかったぁ~~


次の日は、朝早く出て、今度は神戸に向かいます。
せっかくですから、帰り道は神戸、京都に寄って行こうというわけです。

神戸でまず向かったのは、異人館街。
この旅行でのスケッチは、モダンレトロでせめてみました。
神戸・異人館

昼間、異人館街でみつけた銅製の鉛筆削り。思わず買っちゃいました。
鉛筆削り

アクセサリーやさんのおにーさんのオススメで食べたベトナム料理のフォー。
初めて食べましたが美味しかったです。(美味しかった、ばっかりだな。。。)
フォー


そしてそして!!

神戸には、わたしの相棒?でお馴染みのYoichiくんがいるじゃあありませんか。
せっかく来たのに会わないで帰るわけがございません。

忙しい中、時間を割いてもらい、やほー☆と、
夜遅く、Yoichiくんが連れて行ってくれたのは、「VOICE」というバー。
ここにはステージがあってギターがあります。
ここで唄ってるのかぁ…なんて思っていたら、なんと!
Yoichiくんがギターを手に取り、まさかの、Yoichiオンステージ!
みんな帰った後なので、お客はほとんどわたしひとり。
なんてゼータクな時間!!
わたしの大好きな「僕が書いた言葉たち」も唄ってくれましたよ。
Yoichiくんのライブの時、わたしはいつも写真を撮っていたり、絵を描いていたりで
なかなかじっくり聴くことができなかったので、今回はほんと、嬉しかったです。

YoichiYoichi

Yoichiくんからイラストのプレゼントもいただいちゃいました。
感激~~~~~~~~~><
ほんの1時間と少しの時間でしたが、とってもとっても濃い時間を過ごせました。
いつもありがとーYoichiくん♪
Yoichi&Roku

この絵は、いまわたしの部屋に飾ってあります。


次の日は、京都。
ここでは、わたしが本物の画家だと尊敬しているトモ・ウエスギさんに京都を案内していただきました。
京都は紅葉がとっても綺麗。
京都 京都
京都

ギャラリーにも案内していただきましたよ。
京都はオシャレなギャラリーがたくさんありますね。
マニアックな本屋さんを見つけたり、楽しかったです。
トモさんに感謝☆
京都

トモ・ウエスギ Tomo Uyesugiさん


関西は、神戸も京都も絵にしたいところがたくさんありますね。
また行きたいです。
今回は三泊四日という短い期間でしたが、内容がとても濃くて、本当に楽しかったの一言。
旅がクセになりそうです。


活動 |
| HOME |