瑠璃色宇宙

六部純/絵に関するエトセトラ☆

めりーくりすます♪

MerryXmas2013c_2013122512363135d.jpg

泣いている人も、笑っている人も

みんなに

メリークリスマス:。・:*:・゚'ヽ(*´∀`*)ノ。・:*:♪・゚'☆


季節 |

兄妹のような仲良し☆/依頼作品

20131218_1.jpg

20131218b.jpg 20131218c.jpg

依頼されたSNSトップ画像。仕上がりました。

夏に頼まれたんですが、冬になってしまったので、絵には勝手にコートを着ていただきました。
でも、ちょうどこのコートを持っているとのことで、よかった。




作品 |

玄武

ERIpicture250_1.jpg

「玄武」 SMサイズ・ペン、水彩

杉本様に依頼されていた“四神”シリーズ、最後の一枚、玄武です。

四神は、東西南北を司る守護神だと言われているそうです。

東:青龍 西:白虎
南:朱雀、北:玄武

ERIpicture020_1.jpg ERIpicture142_1_20131210165546153.jpg
ERIpicture236_1_20131210165542bf5.jpg ERIpicture250_1_2013121016574036c.jpg

シリーズゆえに工夫した、一貫したもの、それぞれまるで違えたこと・・・

勉強になりました。


作品 |

森川美穂さん「GIFT」

GIFT20131208a.jpg GIFT20131208b.jpg
「GIFT」ハガキサイズ・ペン

森川美穂さんがサンタクロースを演じる音楽劇「GIFTをあなたに」
人はそれぞれ、生まれてくるときにひとつずつGIFT、夢を持って生まれてくる。みんなで夢を守っていこう育てていこう。
そんなお話。

美しいものを見て感動できるということは、まだまだ自分の心も綺麗だってことかもしれない。
わたしはもう年齢的には大人だけれど、これからも自分の一番澄んでいる部分を大切に守っていきたいな。

もちろん、美穂さんの声も最高!
幕が上がった時の姿、特に美しかった~

良い舞台やステージを観るといい絵が浮かびます。

素敵な時間を、ありがとうございました☆

※上の絵は、わたしからのGIFTとして、美穂さんにプレゼントした絵。
 
131208_162327[1] 右:森川美穂さん

131208_133829[1] 131208_165903[1]


作品 |

父の肖像

父20131203

父の自分史の表紙用に描いた作品。
印刷にはモノクロにするつもりなので、印刷し終わったら色をつけて、ちゃんと額に入れて飾ろうかな。

描きながら、父のこれまでの人生を思った。
シワ一本でも違うと、違う人生を表現することになってしまう気がして、実物に忠実であることに拘った。


描いていると、その人の内側が見えてくる。

人は見た目ではわからないと言うけれど、
精神が表情を作り、表情が一定の形を作り、やがては顔を変えていく。
ある程度の年齢になったら自分の顔に責任を持てというのは、
外側を形成する内側に責任を持てということなのかもしれない。


作品 |

イタリアスケッチ

2013年イタリア
今回のスケッチ旅行では、マテーラで迷い、思い通りに描けず。
プロチダ島で、謙虚に開き直り。
という感じでした。

描いた順にアップします。

≪マテーラ≫

IMG_3555a_1.jpg

ERIpicture266_1.jpg

ERIpicture268_1.jpg

ERIpicture269_1.jpg

IMG_3592a_1.jpg

≪ポンペイ≫

ERIpicture263a_1.jpg

≪プロチダ島≫

IMG_3580b_1.jpg

IMG_3574a_1.jpg

ERIpicture262_1.jpg

IMG3578a_1.jpg

IMG_3576a_1.jpg

ERIpicture261_1.jpg

IMG_3567a_1.jpg

*:.。..。.:*・゚*:.。..。.:*・゚*:.。..。.:*・゚*:.。..。.:*・゚*:.。..。.:*・゚*:.。..。.:*・゚

【旅行記】
 マテーラ(前編) http://tombi89.blog37.fc2.com/blog-entry-352.html
 マテーラ(後編) http://tombi89.blog37.fc2.com/blog-entry-353.html
 ポンペイ http://tombi89.blog37.fc2.com/blog-entry-354.html
 プロチダ島 http://tombi89.blog37.fc2.com/blog-entry-355.html
 ナポリ http://tombi89.blog37.fc2.com/blog-entry-356.html

*:.。..。.:*・゚*:.。..。.:*・゚*:.。..。.:*・゚*:.。..。.:*・゚*:.。..。.:*・゚*:.。..。.:*・゚


作品 |

イタリア旅行記第五部/ナポリ

IMG_0486_1.jpg

ナポリは物騒なので、のんびり絵を描く時間がとれないため、実質、スケッチ旅行はプロチダ島で終わりとなります。
盛り上がりに欠けるかもしれませんが、ご容赦くださいませ(´・ω・`)
---------------------------------------------------
【ナポリ】
ナポリ(伊: Napoli ( 聞く) ; ナポリ語: Napule)は、イタリア南部にある港湾都市で、その周辺地域を含む人口約96万人の基礎自治体(コムーネ)。
カンパニア州の州都であり、ナポリ県の県都でもある。
ローマ、ミラノに次ぐイタリア第三の都市で、南イタリア最大の都市である。
都市圏人口は約300万人。

風光明媚な景観から「ナポリを見てから死ね」(日本のことわざでいうところの「日光を見ずに結構と言うな」)と言われ、温暖な気候から観光都市としても知られる。
旧市街地は「ナポリ歴史地区」として世界遺産に登録されている。

----------------------------------------------------
プロチダ島からフェリーで1時間。ナポリへ着いたのは昼近く。
IMG_3531_1.jpg
これは雨が降ってたのではなく、フェリーの窓ガラスが汚れてるだけ;

IMG_3533_1.jpg

ナポリは、とにかく都会!車も人もいっぱい! なんか汚いというのが最初の印象。
狭い道をバスは強引に走っていきます。
道の両側に駐車している車がズラリ!今にもぶつかりそうで、こわいこわい;;;


ホテルは大きくて近代的。
従業員が制服着てるし!∑∩*゚O゚)
・・・などと、当たり前のことにびっくりするほど、のんびり安全なマテーラ、プロチダ島で、田舎モノになったわたし達。
まるでおのぼりさん状態。

わたしの部屋
131113_173706.jpg
131113_173749.jpg

他の仲間の部屋も見せてもらいましたが、どこも同じ絵が飾ってありました。
ああ、都会・・・(いちいちオノボリさん)

軽くナポリ見学。
ホテルの場所の目印はこれ。大きな風車。
IMG_0558_1.jpg

建物が大きい~
IMG_0472_1.jpg

IMG_0475_1.jpg IMG_0467_1.jpg
IMG_0494_1.jpg IMG_0470_1.jpg

広場を通って
IMG_0487_1.jpg IMG_0488_1.jpg

目指したのはここ。BRANDIというピザ屋さん。
IMG_0501_1.jpg

マルゲリータ発祥の店だそうです。
そしてもちろん食べました、マルゲリータ☆
IMG_0499_1.jpg

その後は自由行動。
添乗員の戸田さんから、メイン通りから一歩入ったスペイン地区には行かないよう注意とのこと。
なので、先生とデッサンで一緒のおじさんと僕の三人は、注意して入っていくことにしました(ぇ
いい路地が数え切れないくらいあるんです(*´∀`*)b
入っていくと、途中からパタッと人が途絶えます。その先は本当にあぶなそうですよ。
IMG_0520_1.jpg IMG_0548_1_201312052357448f9.jpg

IMG_0461_1.jpg IMG_0464_1.jpg
IMG_0516_1.jpg IMG_0517_1.jpg
IMG_0513_1.jpg IMG_0547_1.jpg

ゴミ箱LOVE♡
IMG_0550_1.jpg

この後、本屋でカレンダーやイタリア語版「星の王子さま」、マーケットでサラミとチーズを買う。
ほとんど自宅用。

そして、夕飯。最後の晩餐とばかりに、ビーフステーキを頼みました。美味しかった~♪
というわけで、またもやウキウキ食べて写真を撮り忘れるわたし。あぅ;

でもこれは撮りました。
131113_210212.jpg
リモンチェッロ。イタリアを起源とするレモンを用いたリキュール。
アルコール度数30度。

131113_204256_20131206001131bf7.jpg

お店に入ると、ギターを抱えた歌うたいがやってきて、チップを渡すまで唄い続ける。
おぉそ~れみ~よ~♪

ああ、もうちょっと滞在したい。

11月14日(木)
イタリア滞在最後の朝。
朝食を食べる部屋はガラス張り。ベランダに出るとヴェスビオ火山が見えました。

131114_080859_1_20131206001241f11.jpg


つい少し前までは待ち遠しかったイタリア旅行が、これで終わり。

ナポリ12:30発AZ1264便⇒ローマ13:25着(乗り換え)15:15発(AZ784便)⇒

IMG_3540_1.jpg

機内でうつらうつらしながら、マテーラのところから思い返します。
思うように描けなかったあの時は、自分の力の無さに背を向けていました。
自分に立ち向かったプロチダでは、わたしがわたしの味方になってくれました。
自分の弱さと強さ、両方を見た気がします。

良い旅でした。

Grazie!(ありがとう)イタリア!
Arrivederci!(さよなら)イタリアヽ(*´∀`*)ノ


11月15日(金) 11:30

成田 着。

131206_001938[1]



長い旅行記にお付き合いくださり、ありがとうございました☆(*´∀`*)ノ

2013年イタリア旅行記 おしまい☆








|

イタリア旅行記第四部/プロチダ島

IMG_3106_1.jpg
プロチダ島です☆(*´∀`*)b

-------------------------------------------------
【プロチダ島】
「イル・ポスティーノ」という映画のロケ地になった島。
ナポリ湾に浮かぶプロチダ島は面積3.7平方キロメートルで、外周約は16km。このとても小さな島にいくつかの村があります。
漁師と船乗りの島で、海岸べりに並ぶ、色とりどりに塗り分けられた家たちは、漁師が沖から自分の家がすぐに見つけられるようにした名残だそうです。
------------------------------------------------

プロチダ島に着いたのは夕方。
ホテルの名前は、「LA CASA SUL MALE」(ラ カーサ スル マーレ)
海の家。

ホテルに荷物を置き、坂道を下り、Bar「La Locanda del postino」で夕食をとりました。
映画「イル・ポスティーノ」で使われたお店です。
131109_193848_1.jpg

わたしの部屋。
131113_064359.jpg
IMG_3505_1.jpg
IMG_3339_1.jpg
鍵を開けるのに苦労しました。みんなして何度もガチャガチャやってたらオーナーが来て開けてくれたが、オーナーも一度では開けられないほど。
微妙なんですよ~鍵を奥でもなく手前でもないところで、勘で回すんです。開いたらおなぐさみって感じで。
開かなくなるのが怖くて、部屋にいる時や寝るときは鍵をかけませんでした(*´∀`*)b(ぉぃ

11月10日(日)
131112_072824.jpg
朝、部屋のベランダからの風景。
サンタマリア デッレ グラッツエという教会がすぐ近くにあります。

131112_080459.jpg
ホテルの朝食。とっても美味しかったです!特に、自家製ジャムとヨーグルト、最高!
オーナーも親切でよかったなぁ・・・

スケッチするため、坂を下って漁村へ。
IMG_3093_1.jpg IMG_3096_1.jpg
IMG_3165_1.jpg IMG_3164_1.jpg
136CANOM_1.jpg

IMG_3142_1.jpg

IMG_3142_1.jpg
網を繕ってる?おじさん。

この舟を描こうと思ったのですが・・・
IMG_3118_1_20131203014020102.jpg

IMG_3131_1.jpg
おじさんが漕いでいってしまった∑(´・ω・`)

IMG_3133_1.jpg
(´・ω・`)ショボーン


マテーラでは凹んでいたわたしですが、プロチダでは気持ちを入れ替えているわたし。
まるっきり違う絵を描き始めました。
どうなったかは、後日絵をアップするので、それをご覧あれ。
IMG_3159_1.jpg 描いた風景はこれ

131110_122917_1.jpg
昼食。生ハムメロン。
メロンの上に生ハムが渡してあります。美味しかった!

131110_123050_1.jpg
これはタコを料理してパンに乗せてあります。形容しがたい。美味しかったです。

足元には、それちょーだい、と言わんばかりに待っている美人猫。
IMG_3179_1.jpg 「ねぇ」
IMG_3180_1.jpg 「ねぇ?」
IMG_3181_1.jpg
 「フン」

この日は、天気が荒れ模様。
一枚描いている間に、晴れ、雨、曇り、晴れ、雨、雨・・・やっぱ晴れ。そんな感じ。
絵は雨にも手伝ってもらって描いた感じ。

夜、絵のことを考えて眠れずにいると、雨風ですごい音。雷も鳴り始めたので、ガラス窓から見ると、真っ暗な海が稲光に照らされるたびに美しい。
なので、それを心のままにスケッチ。
気分はターナー。

嵐に出会えてよかった☆

11月11日(月)
ホテルの前の坂を上り、要塞みたいな場所へ行きます。
IMG_3204_1.jpg

ああ、なんて素敵な壊れ加減♡(/ω\*)
IMG_3223_1.jpg IMG_3238_1.jpg
IMG_3248_1.jpg IMG_3235_1.jpg

シャベルに物語を感じるわ♡(/ω\*)
IMG_3245_1.jpg

海に感激。
IMG_3214_1.jpg
IMG_3215_1.jpg


帰り道、虹。
IMG_3264_1.jpg

昼前に波止場のほうでスケッチ。
IMG_3288_1.jpg

IMG_3291_1.jpg
先生。

IMG_3286_1.jpg
添乗員の戸田さん。
一言足りない、一言多い。口は悪いが頼りになる。B型の中のB型。
こんなことを安心して言わせてもらえるほど気楽な気持ちにさせてくれるし、気遣っているということを感じさせないくらい気遣ってくれてます。
それに、いざという時はとっても頼りになるんですよ。
あんまり褒めると嘘みたいなので、この辺でやめておきますが(´・ω・`)


昼食は近くのバールでマルゲリータとカプチーノ。
お店の名前は、G.M. 
131111_122730.jpg


この日の夕飯前、講評会がありました。
マテーラの時とはまるで違う印象の絵を出すわたし。
ともかく旅行中に自分を掴むことができたみたいなので、ホッ。

11月12日(火)
プロチダでのスケッチ最終日。
ホテルの近所を歩いてみました。

IMG_3393_1.jpg IMG_3390_1.jpg
IMG_3378_1.jpg IMG_3360_1.jpg



猫がいっぱい!
IMG_3367_1_2013120302243846d.jpg
心なしかイタリアンな目つき
IMG_3368_1.jpg
IMG_3373_1_201312030226508d2.jpg
IMG_3371_1.jpg

なんか弱そうなワンちゃんが覗いてる
IMG_3382_1.jpg


午後は大砲のある展望台でひとりスケッチ。
IMG_3196_1.jpg


IMG_3439_1.jpg
IMG_3443_1.jpg

IMG_3446_1.jpg
お友達とここに来ていたおねえさん(きっと年下だろうけど)に撮ってもらいました。

絵を描くのに疲れてきた頃、近くのミュージアムのおじさんがやってきて、わたしをミュージアムに招いてくれ、
中にある自動販売機のコーヒーをご馳走してくれました。
なかなか出てこず、おじさんがガンガン販売機を叩く!∑;*゚▽゚*)
・・・出てきました。

イタリア語しか話せない親切なおじさん、イタリア語でいろいろと説明してくれます。
なんとなくわかったことは、おじさんは、ここで教会のミニチュアや、そこに入れる椅子やテーブルなど、キリストの像やキリストに関係した人体像やを作っているらしいこと。

話の途中でたまに「Capito?^^」(わかる?)
と尋ねてくれるんですが、
「・・・Non ho capito^^」(わかんない)
と答えるわたし。

「HaHaHaHa・・・^^;」
「はははは・・・^^;」
笑いだけは共通語だと思いました(´・ω・`)

IMG_3317_1.jpg
このキリンは前日のもの。
この日は首がなくなっていたので、「ieri(きのう)」と言って、首あったあったとジェスチャーで示すと
それは昨日の風で折れたと、イタリア語で言いながら、やはりジェスチャーで教えてくれました。
通じるもんです。

帰るときに、「Grazie! Tanto gentile!」(ありがとう!どうもご親切に)
と言ったら、イタリア人はみんな親切だよと言われました。
イタリア人として祖国を背負って外国人を迎えているんだなぁ。
わたしは“日本人として”外国人をおもてなしできるかしら?
IMG_3466_1.jpg


外に出ると、プロチダはもうすっかり夕方。

IMG_3469_1.jpg
IMG_3473_1.jpg


IMG_3488_1_20131203034205396.jpg





自分を立て直したプロチダ島。
11月13日(水)、チェックアウト。
IMG_3432_1_20131203034047ffb.jpg




またフェリーに乗って、ナポリに向かいます。



第五部(最終回)につづく☆


長い日記におつきあいくださった方、ありがとうございますヽ(*´∀`*)ノ 




|
| HOME |