瑠璃色宇宙

六部純/絵に関するエトセトラ☆

生命と自由のある場所

shinjukunohidarime.jpg

「Shinjuku Underground」

http://cardboard-house-painting.jp/mt/archives/cat1/index.php

ふと思い出して検索してみました。

なんて魅力的な場所だったことだろう。
ホームレスの作ったダンボールハウスに、数名のアーティストが、なんとも魅力的な絵を描いていた。
新宿ダンボール村。
以前わたしが描いていた漫画「とんび」の舞台。

一人で取材に行って、ダンボールハウスの作り方などを教えてもらった。
猫を肩に乗せたおじさんがいた。
温かい缶コーヒーをくれて、しょっぱい漬物を食べさせてくれた。
人と人との間に垣根を置かない彼らが、きれいにも見えたし、こわいとも思った。
けれど生命と自由を見た気がした。
それまで汚くて嫌いだった新宿という街を好きになった。

わたしが求めている「何か」があるように感じた。

ここから生まれた“とんび”というキャラクターは、わたしの価値観を大きく変え、今でも心にいる。
そしてきっとわたしが死ぬまで生き続ける。

漫画を描くのをやめて絵描きをしている今、もう一度この風景に出会いたい。

そして描きたい。

TOMBI00_2013092702150970e.jpg
「とんび」



------------------------------------------------------------------
(「Shinjuku Underground」から引用)
数百軒もの段ボールハウスが西口の地下道にひしめき、林立していた。
その段ボールハウスには一軒一軒絵画が描かれていたのだ。
摩訶不思議な、そして国家そのものをあざ笑うかのような反逆的な色彩を鮮烈に放っていた。

絵画はアーティストたちによって描かれていた。
その絵画制作集団のリーダーは「武盾一郎」このweb画集の制作者である。

武盾一郎はこの段ボールハウス絵画制作中に逮捕され22日間の拘留を強いられる。
その後も制作活動は続けられるが、1998年の大火災によって地下道の王国は滅びるのである。

その後行政は再びホームレスの自治区などが出来ないよう、
大幅に地下道を工事、ホームレスを新宿西口地下道から追い出すことに成功した。

このWEB画集は当時、段ボールハウスに描かれた絵画に焦点をあて、
今となっては幻となってしまった地下の王国が大都市の真ん中あったことを蘇らせる為に作られたものである。

ここにアップされている作品群はほんの一部に過ぎない。

「瞬間が命なら記録などしない」と考えていた為 自分達の作品を記録しなかったのだ。

このサイトの写真は写真家の迫川尚子氏の作品を中心に、この絵画制作に共感した人たちが公開を快諾してくれたものである。

----------------------------------------------------------

想うこと |

明日から「素晴しきこの世界」展☆

130923_153548.jpg
130924_213859.jpg

明日25日から、銀座のミレージャギャラリーで素晴しきこの世界」展が開かれます。

ポストカードは印刷し終わったし、キャプション、感想ノート・・・などなど、準備は整いました!

オーナーご夫婦はじめ、他の作家さんたちやお客さまとお会いできるのが、とっても楽しみ♪

ミレージャギャラリーさま、どうぞよろしくお願いします☆(*´▽`*)




あ、ファイル持つの忘れてた!



個展イベント前後 |

展覧会のお知らせ/「素晴しきこの世界」展

ERIpicture241_1.jpg

銀座でのグループ展「素晴しきこの世界」展に参加します。
ご都合のつく方、どうぞ遊びにいらしてくださいね。
わたしは26日(木)以外の午後は、会場にいる予定です。

会期:2013年9月25日(水)~30日(月)
時間:11:00~19:00
   (初日12:00から、最終日17:00まで) 
場所:銀座ミレージャギャラリー

※9/28(土)17:00~19:00 レセプションパーティあり
  (どなたでも参加自由)

【出展者】
 あずまかおる
 石田享子
 Tsuin
 塚本光
 へこざきまゆ
 Mr-TOMATO
 安永智一
 六部純
 渡邊ちょんと
-------------------------------------------------------------
ERIpicture242_20130915143847972.jpg
ミレージャギャラリー
104-0061 東京都中央区銀座2‐10‐5 オオイビル4階
TEL/FAX 03-6303-8844
http://www.mireyagallery.com/
(facebook) http://www.facebook.com/yuichi.n.ogi

■六部純インフォメーション
 http://tombi89.art.coocan.jp/information.html
■六部純メールフォーム
 http://form1.fc2.com/form/?id=274410



お知らせ |

水彩画・途中経過/人物

20130912a[1]

今日はデッサン教室。
人物2回目。

水彩・サイズF6.

いま迷っているのは背景。

これは家で仕上げて、来週は、また別の感じで描こうかな。



途中経過 |

模写してみました☆

デッサン教室で、巨匠の模写をしました。
ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー晩年の作品
「雨、蒸気、速度-グレート・ウェスタン鉄道」

仕上がったのがこれ。
本来油絵の具を使うべきですが、わたしは持っていないので、
画材は、パステルと水彩を使いました。

模写『雨、蒸気、速度-グレート・ウェスタン鉄道』


----------------------------------------------------
 (こちらはターナー作)
ターナー作『雨、蒸気、速度-グレート・ウェスタン鉄道』

英国を代表するロマン主義の風景画家ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー晩年の傑作
『雨、蒸気、速度-グレート・ウェスタン鉄道』。本作に描かれるのは
近代化を象徴する(グレート・ウェスタン鉄道)の蒸気機関車が、
雨の中で蒸気を上げ、テムズ川に架かるメイドンヘッド橋の上を渡る情景を描いた作品である。
本作には画家の近代性への強い興味が示されているが、
近代化に対して否定的であったか肯定的であったかは現在も議論が続いている
(一般的には否定的であったとする説が強い)。
迫り来る機関車の前には野うさぎが必死に横切る姿が描かれており、
この野うさぎの描写によってターナーは速度を表現した。
また画面左部分のテムズ川には一艘の小船が描かれており、
野うさぎと共にこれらにも画家の近代化への何らかの意図が込められていることは明白である。
なおこの近代性についてはターナーから強く影響を受けた
印象派の巨匠クロード・モネが手がけた同画題(蒸気機関車)の作品
『サン・ラザール駅』などとしばしば比較されている
(モネ自身はターナーを「幻想性豊かなロマン主義の画家」と位置付けており、自身の立場と明確な区別をしている)。
本作の色彩描写や筆触についても、画家の晩年期の特徴である白色の地塗りを活かし色調を高めた
(アカデミックな手法とは一線を画す)独特の色彩や、
己の手をも利用した即興的で速筆的な筆さばきが存分に堪能することができる。

ターナーは、生涯を通じて5回から7回の画風の転換があったと言われる。5回であるとすれば、第一期は、主題が中心に描かれた風景画の時代、第二期は風景の中心に広い空間が開けてくる時代、第三期は開けた空間に光が現れた時代、第四期はその光の中に何らかの姿が描かれた時代、そして最後は風景全体が光で満たされた画風である。
---------------------------------------------------------

わたしは、絵画史などにあまり詳しくないのですが、この絵の変わり方に共感を覚えます。
印象派を30年も先取りした人というのも気になるではありませんか。

今では、こういう作品を描ける人など珍しくありません。
けれど何にでも「最初」というのがあります。
その最初に未来への扉を開いた画家が、歴史に刻まれるのです。
発明家と同じ。

「雨、蒸気、速度-グレート・ウェスタン鉄道」
ターナーは、大気、時間を描いた最初の画家ではないでしょうか。
そしてそれは、わたしの描きたいものでもあります。

・・・なんて、ちょっとわかったようなことを書いてはみるけど、実は、絵の説明を読むまで、野ウサギでスピードを表していたとも気づかず、わたしは別のものを見てスピードを感じていました^^;
ここにこれだけの強さで色を入れたら、これだけのスピードを表せるのかも!と、そんなこと。

人は見ただけで、そのもののスピードをぴったりではないにしろ、ほぼ正確に判断していると思います。
だったら、描き表せるはず。

自分の目が、どこに注目し、どんなふうに分析して判断を下しているのか、
興味がわきます。


活動 |
| HOME |