瑠璃色宇宙

六部純/絵に関するエトセトラ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

水彩/アルルカン

アルルカン

F6 水彩
まだ途中。

今日はデッサンの日。
ピエロに扮した男性モデルを描きました。
こういう絵のモデルというのは、役者さんやダンサーがバイトとしてやっていることが多く、ポーズも、ふだんから、体で表現している人ならではの動きやポーズをしてくれます。
今回は役者をしている方で、ピエロの動きを、とても研究してきたようでした。
ポーズとポーズの間の休憩時間にも、ピエロになりきってました。すごい。

わたしは、これを描きながら、肩肘を張らなくなった自分を感じていました。

アルルカン アルルカン
アルルカン タブロー(完成作品)に入る前のクロッキー

ところで、ピエロと言っていますが、この服装は、実はアルルカンです。
ピエロもアルルカンも道化ではありますが、物語の中では性格と服装が違うそうです。

アルレッキーノ(Arlecchino)はイタリアの即興喜劇コメディア・デラルテ中のキャラクターの一つで、トリックスター。ひし形の模様のついた衣裳で全身を包み、ずる賢く、人気者として登場することが多い。国によっては、アルルカン (仏:Arlequin) 、ハーレクイン (英:Harlequin) とも呼ばれる。欧米では道化役者の代名詞となっており、芸術作品の中では、ピカソの「アルルカン」、チャップリンの「ライムライト」、ロベルト・ベニーニの映画「ピノッキオ」のマリオネット、アンデルセンの短編小説集「絵のない絵本」の第十六夜、ブゾーニのオペラ「アルレッキーノ」などに登場する。‐ウィキペディアより‐


つまり、ピエロが、基本的にお馬鹿で騙されやすく人が好いのに比べて、アルルカンは、ひし形模様の衣装に身を包み、ずる賢く、性格が悪い。
ピエロはアルルカンにしてやられてばかりだけれども、最後は誤解も解けて、ピエロは救われる、みたいな話が多いそうです。


スポンサーサイト
作品 | コメント:0 |

持田さんとのコラボレポート☆

live



8月25日は、持田浩嗣さんとのコラボライブ、大成功でした!
わたしも含めて、その場のみんながすっかり持田さんに魅了されていましたよ☆
ヒロナリさんのギターも素晴しくて、びっくり!
ほんとにほんとに素敵な空間でした!

暑い中を、お越しくださった方、来れずとも応援してくださった方、ありがとうございます♪
フライヤーに使用した、わたしが描いた持田さんの絵を見て、持田さんの歌を聴きたくなったというお客様もいらして、とっても嬉しかったです。

live
live

持田さんとのコラボは、一昨年わたしから誘ったのが最初で、今回で3回目になります。
持田さんは、どこか懐かしい、わたしの求める色を引き出してくれるんですよね。

コラボの会場に選ばせていただいたのは、国立のキノ・キュッへ(木乃久兵衛)という居酒屋さん。
時間が止まったような、国立という街とキノ・キュッへに、どんな絵を展示しようかと考えながら、ふと浮かんだのは、「明日の記憶」という言葉でした。

ただ過ぎるばかりではない、求める記憶は何かを探りながら、新しい未来へ歩いていきたい。

持田さんとわたし、それぞれの原点に立ち返り、それを合わせることで、新しい何かを発見できたら、
お客様に発見していただけていたらいいなと思います。


ライブは終わりましたが、わたしの個展は、9月15日までです。
みなさん、これまでとは一味違う、わたしの絵も見にいらしてくださいね♪

お待ちしています☆(*´∀`*)ノ

ライブにて

個展・イベントにてにて | コメント:0 |

個展&ライブ 「明日の記憶 / Back to Roots」

絵画展のDM、ライブのフライヤー、ご希望の方は、参加できるできない関係なくお送り致します。
メッセージにてご連絡ください。

       六部純 絵画展 「明日の記憶」
         2012年8月21日(火)~9月15日(土)
         18:00~23:00 ※日曜・月曜は定休日
         場所:キノ・キュッへ(木乃久兵衛)

          DM

持田浩嗣さんのライブありです☆

       フライヤー

「明日の記憶 / Back to Roots」

六部純×持田浩嗣 ・ヒロナリ(G)
絵画展×ライブ 
それぞれの原点回帰
【場所】キノ・キュッへ(木乃久兵衛)
【日時】2012年8月25日(土) 個展の会期は、8月21日(火)~9月15日(土)
【開場】18:00【開演】19:00 ※2ステージ
【料金】前売り/2500円(当日/2800円)
  1ドリンク、1プレートつき(ラテン料理)
★当日の人数は限られてしまいますので、できるだけ予約をお勧めいたします。
★予約、問い合わせは、わたしへメッセージを送っていただくか、直接お店のほうへお電話でお願いします。

お酒とお料理の美味しい、わたしの行きつけのお店です。
ご来場、お待ちしています☆

【連絡先】
・六部純メールフォーム ⇒http://form1.fc2.com/form/?id=274410
・キノ・キュッへ:木乃久兵衛
〒186-0005 東京都国立市西2-11-32 B1F
[TEL]042-577-5971
[URL] http://www1.pbc.ne.jp/users/kino9/
[Mail] para_kino9@m2.pbc.ne.jp

【アクセス】
徒歩/JR国立駅南口下車富士見通り徒歩15分、国立音大付属高 校向い、文房具店地下1F
立川バス/国立駅南口多摩信用金庫前より立川駅南口行き、又は国立循環で約 2分「音高前」下車20メートル戻る。
map
■木乃久兵衛 マスター佐々木健facebook
 http://www.facebook.com/ken.sasaki.98
■六部純インフォメーション       
 http://tombi89.art.coocan.jp/information.html
■持田浩嗣(もちだひろつぐ)
 http://www.inter-planets.com/tk/mochida/
■ヒロナリ
 http://www.facebook.com/jun.rokube#!/hironari.h.yamada
お知らせ | コメント:1 |

個展初日

21

個展初日。
夕方からなので、家でのんびりする時間が多いですね。
(「相棒」の再放送も見られたし。あれは初期の頃なんじゃないだろうか?)

昼間のんびり、美味しい個展☆

帰りは夜道を自転車で帰りました。
21 21
かわいい猫ちゃんに会いました。

明日は、小さな小さなスケッチブックと画材を携え、国立のスケッチをしながら行こうかと思います。
わくわく♪


個展・イベントにてにて | コメント:0 |

自分と対峙すること

tomo

トモ・ウエスギさんの個展「OVER WORK」に行ってきました。

わたしはトモさんの画家としての生き方、姿勢が大好きです。
なんていうのかな・・・自分から逃げずにひたすら絵を、トモさん自身を追究する姿が好きなんですよね。
本物の画家だと思います。

トモさんの絵には、顔のパーツが描かれていません。
でも、だからこそ、そこには見る人が自分を投影することのできる自由空間が存在します。

絵は、自分から入っていかなければ、何もつかめないもの。
想像力をもって、自分の力で感じ取る、自分だけの絶対・・・
現代を生きる人に必要であり、欠けているのは、それじゃないでしょうか。


わたしには、いろいろ迷うことや捨てられないことがあったのですが、
トモさんの絵に囲まれ、お話をした数時間(長い?;)の間に、自分の気持ちを整理でき、迷いを吹っ切ることもできました。
トモさんに感謝です。ありがとうございます。

わたしも頑張らなくっちゃ☆

明日19日は、わたしの個展初日です。

------------------------------------
トモ・ウエスギ「OVER WORK」
ぎゃらりぃ朋 / GALLERY TOMO
住所: 〒104-0061
東京都中央区銀座1-5-1 第三太陽ビル2F
tel/fax: 03-3567-7577
アクセス: JR 有楽町駅 徒歩4分
東京メトロ 有楽町線 銀座一丁目駅 徒歩1分
東京メトロ 銀座線・日比谷線・丸の内線 銀座駅 徒歩5分
tomo

想うこと | コメント:0 |

今日は搬入日

木乃久兵衛
木乃久兵衛

搬入終わりました☆

わりと大きな作品だったんだけど、壁にかけたら小さく見えました。
木乃久兵衛、広いんだなぁ・・・

写真を撮っているわたしの後ろにまだ8点、展示してあります。


個展イベント前後 | コメント:0 |

求める記憶/木炭画

momo_1.jpg

今回の個展のタイトルは「明日の記憶」

-わたしが向かうは
 まだ見ぬ故郷
 求める記憶は
 未来にあるのかもしれない-  

過去、現在、未来
未来のことはわからないという。
けれど、なぜか未来に探していた答えがあると信じている。
みつかったとき、ああ、これだ!ときっと思う。
もしかして、人は、生まれた時から、その答えという記憶を未来に持っていて、それを見つけるために、人生を旅するんじゃないだろうか・・・

わたしが生きる上で、大きなテーマのひとつでもある「時間(とき)」
今回の個展のテーマでもある。

描きながら、過去を整理し、未来に思いを馳せる。
一枚の絵の中に、現在、過去、未来、すべての時間を、封じ込め、なおかつ自由に精神を解き放つことができたらいい。


いつもモデルをしてくれているHnaeさんが、途中、この絵に「ミヒャエル・エンデのモモみたい」という言葉をくれた。
それまで、なんだか軸がはっきり定まらず、モヤモヤしながら描いていたのだけれど、言われて、「そうだ、時間だ!」と、ブレていた画像が重なり、描き続けることができた。
(時間をテーマに描いてるんだから、最初から言葉になってもおかしくないのに、なぜかなっていなかった;)
悩んでいるときは、人の言葉を上手に拾うことができていいな♪

この絵、部分的に切り取っても、いいかも。

momo
momo
momo momo


作品 | コメント:0 |

木炭/月夜

momo携帯 momo

まだ途中。

左は、昼間、携帯で撮ったもの。
前のほうがよかった気がして嫌だなぁ(色が濃いからだとは思うけど)

これはしばらく終わりそうもありません。

よいわ。楽しく行こう♪
作品 | コメント:0 |

デッサン

       dessin

数ヶ月ぶりのデッサン教室。
2時間で仕上げなければならなかったので、考えるより前に、とにかく描きました。
調子をすっかり取り戻せた気がします☆

*:.。..。.:*・゚*:.。..。.:*・゚*:.。..。.:*・゚

秋のドイツ旅行は、決行の方向で考えてくれているみたい。
よかった~♪


Work | コメント:0 |

水彩画/赤い扉のお店

       p

水彩・ペン/SMサイズ



作品 | コメント:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。