瑠璃色宇宙

六部純/絵に関するエトセトラ☆

挑戦

          mountain

モロッコの世界遺産で、アイト・ベン・ハドゥというところがあります。
昨年の旅行では、ここのてっぺんから周囲の山を描いてみました。
これはその時の絵です。

山かな?と、やっとわかれば大したもの、というくらいかもしれませんが、モロッコのスケッチ旅行で、いちばん必死に描いたのは、どの絵だろう?と振り返った時、この絵は抜かせません。

旅行中ずっと、筆の調子は最悪。
しかも、わたしの実力は、あの風景を描けるところまでありません。
でも描きました。
なぜか。
美しいと思ったから。描きたいと思ったから。

みっともないくらい一生懸命になってしまう。
そんな自分でありたい。

大した実力もないのに過信してはいけない。
実力の範囲内で収めてはならない。
常に自分に挑戦したい。


描いている間、光の当たり具合で変化していった色は、今でもわたしの脳裏に焼き付いて離れません。








活動 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「昇り龍」

       昇り龍

今年は辰年。

というわけで、夢レボリューション(ブログネーム)さんから依頼していただき、描きました
「昇り龍」です。

ペン+水彩/168×238mm

子供の頃、年賀状で、タツノオトシゴなら描いたことがありましたが
龍は初めてです。
こういうのも描くと楽しいんだ♪と気づかせていただきました。

夢レボリューションさん、ありがとうございます☆^^



いまは、個展に向けて、毎日、モロッコの風景を描いてます☆
やっぱり絵を描くって楽しい♪^^


作品 | コメント:0 | トラックバック:0 |

疑問

わたしには、長いこと疑問だったことがあります。
日本風の家屋や畑が苦手かつ魅力を感じない理由。

わたしは、生活感とかワビサビとか働いている人の苦労を描きたいと思わないのかもしれません。

いつでも夢があって欲しい。
想うこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |