瑠璃色宇宙

六部純/絵に関するエトセトラ☆

情熱

つい先日まで「残る絵」を描きたいと言っていたのだけれど
今はそう思っていない。
思ってるけど(笑)
言葉は心に追いつかない。

そもそもこういうことは、ただ言葉の表現が違うだけで
最初からわたしの中では何も変わっていない。

巨匠のように誰もに認められたいわけではないのだ。
名前を残したいわけではないのだ。
称賛を浴びたいわけでも、大きな美術館で並んで観てもらいたいわけでも
高い値段で売り買いしてもらいたいわけでも、まるっきりないのだ。

誰かの心に、わたしの絵が、たった一枚でも焼きつき残ったなら、嬉しい、
生きて絵を描いてよかったと、心から満足できる
そういうことなんだ。
すべては、死さえも、生きるために。

「悔いなし」
亡き母のノートに書いてあった言葉を思い出す。
わたしにはまだまだ思い残すことがたくさんあるけれど。




想うこと | コメント:2 | トラックバック:0 |

水彩画/桃葉まゆさん

mayu
      
【水彩 サイズ・F4】

北海道のシンガーソングライター、桃葉まゆさんです。
何とも言えない可愛らしい方で、わたしのほうからお願いして描かせていただきました。
これは、昨年、まゆさんが作ったPVの一部に、わたしの絵を使っていただいたお礼でもあります。

ちなみに、右下に描かれているのは、ぬいぐるみではありません。
まる(maru)ちゃんという、まゆさんの飼っているスコティッシュホールド、猫ちゃんです。

せっかく?なので、まゆさんとまるちゃん、合成しちゃいました。

ものすごく時間をかけて、絵の具を重ね、落とし、また重ね、を繰り返した作品です。


以前わたしの絵を使っていただいたPVはコレ
「ねぇ ジミー」



桃葉まゆさんFC2ブログはコチラ⇒ 「まあるい気持ち。」




作品 |

デッサン/裸婦

           dessin

デッサン。裸婦。まだぜんぜん途中。

今日は3回のうち1回目。


写真に撮ってみたら、腕がまるっきり細すぎる短すぎる!
ぅわ~~なぜ気づかなかったんだろう;





活動 |

星の王子さま

わたしが初めて描いた漫画の主人公は、星の王子さまです。
子供の頃、あの作品を読み、わたしは、
大人になっても、大切なものを忘れないようにしようと心に誓ったものでした。


今年3月、わたしの絵のモデルさんでもある齋藤英恵さんが
「星の王子さま」の演出・脚本(翻案)・主演をつとめます。


* * * * * * * * * * * * * * * *

演劇ユニット たつとり
 「星の王子さま」
 ~大切なものがどこかにあるというだけで、世界はこんなにも美しい~

          星の王子さま

 
 原作:サンテグジュペリ
 翻案/演出:齋藤英恵
 出演:齋藤英恵 下垣隼一 草野日登美

 ★日時
 2011年3月
  29日(火)18:30
  30日(水)14:00/18:30
  31日(木)16:00

 ※開場・受付開始は開演30分前です。
 ※会場へはお早めにお越しくださいますようお願いいたします。

 ★場所
 上智大学一号館講堂
 (JR中央・総武線四ッ谷駅から徒歩5分、
 上智大学正門を入って右手の建物の2階)

 ★チケット
 無料(全席自由、フリーカンパ制)

 ご予約はこちらから↓
 ☆PC用☆https://ticket.corich.jp/apply/26454/
 ☆携帯用☆http://ticket.corich.jp/apply/26454/

 お問い合わせ:tatsutori2011☆mail.goo.ne.jp
 ※☆マークを@に変えて送ってください。

 スタッフ
  演出補佐 井野詩織 / 舞台監督 多田智美
  / 舞台監督補佐 田中亜弥 / 宣伝美術 小林京
  / 音響 横山龍顯 / 音響操作 荒川楓
  / 照明 川口旅史 / 制作 西村尚佳

* * * * * * * * * * * * * *




描いているとわかるのです。
その人がどれだけの訴える力を持っているか。
わたしは彼女の力で絵を描かせてもらっています。

彼女の感性と、演劇にかける情熱。
どんな星の王子さまを見せてくれるのか、楽しみです。

また描きたい絵が増えるなぁ・・・(笑)


「星の王子さま」稽古ブログ⇒http://tatsutori.blog.shinobi.jp/

Hanae
わたしの描いた「Hanae」さん


お知らせ |

1の真実 99の嘘

dessin dessin

今日はデッサン教室でした。

石膏像の組み合わせ。
わたしはかなりちゃんと形をとっていたつもりが・・・
途中から微妙な明暗とか表すのが面白くなってきてノリノリで形どんどん壊して
雰囲気だけを追い始めました。

みなさん、わたしのところへ来て言うことには
「面白いね~抽象画みたい」
「何が描いてあるのかわからないけど、しばらく見てると見えてくるね」

えーと、一応、褒め言葉として受け取りました;*゚▽゚*ヾ


先生の言葉に、またも頷いていました。

「絵は錬金術。何もない平面に、空間を創り上げる。
 たったひとつの真実を表現するために、99の嘘をつく」



作品 |

St.Valantine’s Day

チロルチョコ

いつもお世話になっているあなたへ

どうもありがとう☆

チロルチョコだけど。




活動 |

天使

昨日一昨日は友人であるミュージシャンの女の子
今日は「天使」を描いていました。

架空の人物(生物?)って難しい。

漫画を描いていたんだから架空の人物とかお得意のはずだし
妖精のような女の子の後に天使なら、ものすごくスムーズに事が運ぶと思ったのに、
うまくいかないものです。


一枚完成させたけど、明日、もう一枚トライ☆



作品 |

言葉

今日はデッサン教室の日でした。
そこでの、先生の一言。
 -画家は生き方なんだ
共感。
 -自分は画家だという自負があるなら、画家なんだ



以前友人が言ってくれました。
 -あなたは絵を描いていれば最高の人間。描かなければ最低の人間だね
 -だから無理をしてでも絵を描いてください



儲かりません、画家なんて。
それにわたしは、とても小さい。
特別な才能もないでしょう。
でも
画家という人生を歩もう。




想うこと |

わたしの中の螺旋

伝えたいことはこれだ、っていうのはあるけれど、
それと同時にまるで逆のことも考えている自分がいる。
表面上は見えないそれらを伝えることができるのは、はっきりと輪郭を持たない空気や色。

生きた立体。

平面に、立体的な空気や思い、感覚を感じさせる、
見た人がその人の中で世界を広げていける、
そんな絵が描きたいな。



でも、ぐるぐる螺旋階段のように、いろいろ考えて登りつめていって
辿り着くのはこんな思い・・・

難しいことは考えないで、子供の頃のように、素直な気持ちで絵を描こう。
「好きだから」それでいい。



想うこと |

「絵筆と旅して」展 展覧会のお知らせ

昨日、3月銀座でのグループ展のDMが届きました。
昨年もお世話になったギャラリーです。
ここのオーナーご夫妻が、それはもうとっても良い方たちで
そのせいか、ギャラリーにはいつも和やかな空気が流れています。
今回も素敵な展示になること間違いなし☆

3月12日にはパーティもあります。一般参加OK。

みなさん、お気軽に遊びにいらしてくださいね☆
DMご希望の方にはメッセージにて住所氏名を教えていただければ、お送りします。

わたしはイタリアの風景数点を展示する予定です。


DM

「絵筆と旅して」展

2011.3.9(水)~14(月)
午前11:00~午後7:00

(初日12:00から/最終日午後5:00まで)
※パーティ 3月12日(土)午後5:00~7:00

場所:銀座 ミレージャギャラリー
〒104-0061 東京都中央区銀座2-10-5オオイビル4F
TEL/FAX:03-6303-8844
e-mail:mireyagallery@aoi.com
ホームページ:http://www.mireyagallery.com/
ミレージャ地図
・東京メトロ 有楽町線銀座一丁目駅11番出口より1分
      銀座線・日比谷線・丸の内線 銀座駅Å13出口より4分
・JR 有楽町駅京橋口より10分



お知らせ |
| HOME | NEXT