瑠璃色宇宙

六部純/絵に関するエトセトラ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

求めているもの

tombi

最近わたしは、変わっていく友達や、もろもろのことを、なんだか寂しく感じていた。

悩んだり、迷ったり、救いたいと思ったり救われたいと思ったり、孤独を感じて苛立ったり、一人でいたいと思ったり、でもそんな自分全部を馬鹿らしく感じたり。

そんな中、昨日、ポルトガル発祥の音楽、ファドを唄っているTAKUさんのライブに行ってきた。

ファドは、リスボンの夜の酒場でギターの伴奏で歌われているもの。
運命とか宿命とかいう意味を持っていて、切なく哀しい運命の歌が多い。

TAKUさんのライブは、いつも迷っているわたしにヒントを与えてくれる。


つい先日までTAKUさんはリスボンに何度目かの滞在をしていたのですが、そこでお友達が亡くなったそうな。
亡くなった彼は、ボヘミアン、無宿者、と呼ばれていて、いったい何で生計を立てていたのかもわからない、
彼は、ただいつも街にいて、友人と語らい笑い、毎日歌を唄っていたそうだ。
TAKUさんが居心地の悪い場所にひとりでいたりすると、TAKUさんの肩をポンと叩いて一声かけてくれ、TAKUさんをホッとさせてくれる、そんな存在。
TAKUさんは今回の滞在でもいつも通り「元気かい」「元気だよ(彼はいつも元気だと答えるそうです)」という会話を交わし。
が、2日後、彼は自宅で遺体で発見された。まだ40代前半、若いのに。

社会から何ら評価されていたわけでもない彼だけれど、神様からはちゃんとカウントされていたんじゃないかと思う、彼のようにボヘミアンな生き方をしたいと、TAKUさんはMCで話していた。

わたしはTAKUさんが唄っている間、ずっと、絵について、考えていた。
そして思ったこと。
わたしにとって、絵は生き方そのものなんだということ。

すごいと言われたいわけじゃない、有名になりたいわけでもない、もちろん褒めてもらえれば嬉しいけれど、
それ以上に嬉しい瞬間がもっとたくさんあったはず。

死んだら何も残らなくてもいい、ただその日が来るまで絵を描いて、自由にボヘミアンに生き、死んでいけたら、それが最高の幸せだろう。

昔からやりたかったことをやろうかな。
わたしも路上で、行き交う人とのさりげない会話を楽しみながら。

バラバラにあちらこちらを向いていた視線がひとつの方向にまとまっていくのを感じた。

わたしは、わたしでいよう。

こんなことを考えさせてくれたTAKUさんに感謝。

わたしの絵画展もこんなことを考えるゆとりを与えられる空間になればいいなぁ・・・


求めていると答えは自然に向こうからやって来てくれるに違いない。



=追記=

わたしの中には、常に「とんび」が棲んでいる。



スポンサーサイト
想うこと |

鉛筆スケッチ/井の頭公園

井の頭公園20100527

5月27日木曜日、井の頭公園にスケッチに行きました。
久々に持った鉛筆。
描けるのかな・・・なんて思いつつ、「またもや何でもない景色を選んでしまった」とひとり笑いつつ。

一応資料として撮っておこうと思い、携帯のカメラを向けたら、画面の左下辺りに光が入り、それがいいなと思ったので、それも描いてみました。

ここしばらくずっと、木炭か水彩を使っていたので、その感覚。
形ではなく、面を、空気を、感じたままを。
視力がますます落ちてきたので「見えない」というのが、実は大きな理由でもあるんですが。

この作品はサインを裏にしようか・・・。


作品 |

個展、終了しました☆

び~た


「六部純 絵画展~浪漫空間~」
無事終了致しました☆

作品数47点。うち、木炭画が4枚。
B1サイズの水彩画、B2サイズの水彩画。
大きなものはこれくらいでしょうか。

銀座、京橋は、東京のど真ん中だけあって、画商さんなども多く通りかかるため、得るものも多かったです。
お客様も多かった!
オフィス街にあるため、会社の休み時間に寄られたり、
周りにたくさん画廊があるので、そのついでに寄られたり
「孫を描いてもらいたい」なんてお客様もいらっしゃいました。
中には厳しい指摘をなさる方や、(でもこういう方は、すごく有り難いです!)
最初の個展から来てくださっている方や、名古屋からはるばる足を運んでくださった方
1週間の間に、何度も観に来てくださった方もいました。
もちろん、友達や知り合いも。

どう考えても、変な方もいましたが
それも全部含めて、人と接するのは楽しいですね。

び~た

そして!個展に足を運んでくださったフレンドさん、ありがとうございました!

今回は特に、売ることよりも見せることに力を入れていたわたしにとって、
観に来ていただけたことは、とても嬉しいことでした。
絵画の扱われ方には問題を感じている部分もありますが
自分の絵を、時間を割いて見に来てくださる方がいる・・・実はそれだけで、描く側のわたしは励まされるんです。

お客様もたくさん!
デザインフェスタと重なっていたので、誰も来れないかなぁ、と思っていましたが
とんでもない!みなさん足を運んでくださり感謝!

最初の個展から来てくださっている方や、名古屋からはるばる足を運んでくださった方
1週間の間に、何度も観に来てくださった方もいました。
もちろん、友達や知り合いも。

MySpaceのフレンドさんたち、今回はひとりもはずさずに写真撮りましたよ~~!
・・・と書く予定だったんですが、なつしさん、佐伯さん、信彦さん、The Fancy'sさん、話に夢中になって、見事に逃してしまいました!
ごめんなさい!
というより、残念でなりません~~~~~~!


他のみなさんはこんな感じです☆(*゚▽゚*)b

び~た び~た
び~た び~た
び~た び~た
び~た び~た
び~た び~た







個展イベント前後 |

水彩画☆

姪のピアノの発表会があるということで、行ってきました。

 姪 F2サイズ 水彩

本人に言わせると「わたしはもっと顔が細い!」
ただいま9歳。難しいお年頃。


 リハーサル F4サイズ 水彩

妹と親子で連弾。
席で待っている時にふたりでリハーサルしてました。
子供の頃、母の代わりにわたしが
妹のオルガン教室に付き添いで行ったことがあったんですが
あのときの、ちょっと得意気な義務感を思い出しました。


 ちいさなレディ F4サイズ 水彩

弾き終わってリラックス。
カメラを意識してましたね~



--------------------------------
以前はよく妹をスケッチしていましたが、今は、妹親子を描くのが楽しいです。
あのきつい妹が、自分の子供のことはなんと一生懸命理解しようと頑張っていることか。
妹の性格に少し似ている姪が、妹と違うのは、積極的なこと。
妹は、自分の子供に引っ張ってもらっている気もします。

今は亡きわたしの母が、以前
「お母さんは、純(わたし)のおかげで、人前でよく笑うようになった」
と、言っていたのを思い出します。


作品 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。