瑠璃色宇宙

六部純/絵に関するエトセトラ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

木炭画/「桜池」

sakura20170901b_1_201709102226400e9.jpg

「桜池」

自宅から郷土の森に行く途中にあるひっそりとした公園。
池には、新田川が流れ込んでいます。
春になると、桜がしなだれかかり、うっとりしていまします。
何度も水彩でトライしたのですが、毎年うまく表現できず、今回は木炭で描いてみました。


スポンサーサイト
作品 |

出展作品/Vita展

2017年9月13日(水)~9月19日(火)開催のギャラリーび~たにて開催される
「Vita展」に展示する作品2枚。
「父の人生」と「風の中の猫」

koushi20170901a_1.jpg
「父の人生」 水彩・F10
  今は亡き父の旅行先で何気なく撮ったスナップ写真を元に描きました。
  父が手にしているのは日本兵のヘルメット。
  兵に駆り出された父にとって、戦争が楽しい思い出であったわけはないのですが、
  ヘルメットを見つめる懐かしそうな眼差しや表情から、辛く苦しい思い出だけではない、
  何か大切なものがあるようで、気になって気になって、描かずにはいられませんでした。

cha-20170908c_1.jpg
風の中の猫」 水彩・F10
  飼い猫チャーは、現在は完全室内飼いですが、一年前は庭に来る野良猫でした。
  今でも忘れられないのが、チャーが庭で風に吹かれたときの、うっとりしたような表情。
  余計なものを何も持たず、けれど足りないものは一つもない。
  この猫のこの幸福を奪ってはならないと強く思ったのを覚えています。


実は、今年は、両親の遺品整理のためもあったのですが、描きたいモチーフが見当たらず、春に予定していた個展も思い切って中止してしまいました。
そんな時お誘いいただいたのが、Vita展。
見ると、テーマは「命」「人生」「生活」・・・
パーッと描きたいものが浮かんできました。
わたしにとって、絵は、生きていく中で感じたり気づいたりした大切な何かを描きとめる作業なのだと思います。
このテーマを提供してくださったび~たさんに大感謝です!
--------------------------------

Vita展
img167_1_20170909214258b6f.jpg

2017年9月13日(水)~9月19日(火)【17日(日)休館】
11:00~18:00(最終日は15:00まで)
場所:ギャラリーび~た1階
〒104-0031 東京都中央区京橋2-8-5京橋富士ビル
TEL:03-3561-5050
www.travelplan.co.jp/

Vita…「命」「人生」「生活」(イタリア語・ラテン語)

ビタミン、バイタリティ(元気)の語源とされ、生きていく上で欠かせないものを表します。
今展では、各自にとってのをテーマにした作品を展示します。

《出展者》
五十嵐忠彦・伊藤和子・伊藤貞夫・岩尾裕子・齋藤隆雄
佐藤朋彦・立松彩子・久富良子・松岡紀夫・松木由見子
水上健二・水谷はるみ・持木郁雄・八木行雄・山本淳子
山本晴美・吉村成子・六部純

【最寄駅 】
・地下鉄 銀座線 京橋駅2分
・都 営 浅草線 宝町駅3分
・JR東日本   東京駅8分

map2017.jpg

作品 |

デッサン☆

久々のデッサン教室で、木炭デッサン☆
週に1回。3週で描き上げました。

201707dessin3a_1.jpg

テーブルの上に並べられたたくさんの瓶は、わたしには海外の街並みに見えます。
風景を描くような気分。
こういうのって面白い♪
わたしのはもともとあやふやな絵が多いので、きっちり描く人と違い、形が少々(かなり?)違っても気にならないところがお得かも?(笑)

1週目
201707dessin1a_1.jpg
2週目
201707dessin2a_1.jpg

作品 |

庭のカタバミ

img134a_1.jpg

今日も庭でスケッチ

暑いわ足がしびれるわ、なんてたくさんの葉っぱだわで
途中で根性が続かなくなり、ここまで;
また続きを描こうかな。

調べたところ、“カタバミ”という名前のお花だそうです。
カタバミ科カタバミ属の植物で、
マメ科のクローバーとは全く別の植物です。
せっかくいたずらで、四葉を入れてみたのに。笑

作品 |

日記スケッチ

絵日記気分で、身近なものをスケッチ。

img132_1.jpg

庭の片隅に咲いていた春紫苑。
いわゆるビンボー草。

春紫苑と姫女苑、違いがあるそうです。
花びらが細いのが春紫苑。
花びらが普通に花びらっぽいのが姫紫苑☆
葉っぱが茎を包み込むようになっているのが春紫苑。普通のつき方してるのが姫女苑。

これは夕飯の後、テーブルに乗っていたツツジとローズマリー☆
img133_1.jpg

作品 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。